四和音のコード【その2】 7sus4 / m7(b5) / dim / mM7 / M7(#5)

photo13

四和音のコードはメジャーセブンス/マイナーセブンス/ドミナントセブンスだけではありません。
上記3つほどではないものの、それらも頻繁に使用されます。
残りの四和音のコード、『7sus4 / m7(b5) / dim / mM7 / M7(#5)』について紹介しましょう。

7sus4(セブンスサスフォー)

三和音に『sus4(サスフォー)』というコードがありましたが、四和音にも『7sus4(セブンスサスフォー)』というコードがあります。
基本的な考え方やコードの機能は『sus4(サスフォー)』と同じですが、4つ目の音に短7度(マイナー7th)の音が加わっています。

『C7sus4(Cセブンスサスフォー)』を見てみましょう。

sample-C7sus4-code

三和音と同様、3度(3rd)を含まず、代わりに4度(4th)に置き換わっています。

『7sus4(セブンスサスフォー)』の代わりに『sus4(サスフォー)』を弾くことはできますが、『sus4』の代わりに『7sus4』を弾いた場合、必ずしも正しくサウンドするわけではない点に注意してください。
キーの『V(第5音)=ドミナント』以外で使用すると、7th(7度)の音がメロディーとぶつかったり、意図しないサウンドになる可能性を持っています。
もちろん、意図的に変化をつけるために使用する分には全く問題ありません。

m7(b5)(マイナーセブンスフラットファイブ)

次は三和音の紹介でも少し登場した『m7(b5)(マイナーセブンスフラットファイブ)』です。
表記方法は「m7(b5), m7(-5), -7(b5), -7(-5)」などで、コードの構成音が途中までディミニッシュコードと同じことから『φ(ハーフディミニッシュ』とも呼ばれます。

『Cm7(b5)(Cマイナーセブンスフラットファイブ)』は、以下のような構造になっています。

sample-Cm7b5-code

ルートの「ド」と短3度の「ミb」、このコードの特徴となる『減5度(b5)』の「ソb」、短7度の「シb」で構成されています。
構成音のインターバルは下から順番に「短3度・短3度・長3度」で、7th(7度)の音とルートのインターバルは全音です。

メジャーキーのダイアトニックコードでは『VII(第7音)』として出てきます。

コードアレンジでは『m7』の代わりに使用されたり、リハーモナイズ(代理和音を使用したコードアレンジ)に関わってくる場合が多々あります。
また、ジャズでは『m7』と同じくらい頻繁に登場するので、必ず覚えておきたいですね。

ちなみに『m(b5)(マイナーフラットファイブ)』と『m7(b5)(マイナーセブンスフラットファイブ)』は、コードの機能が同じなので置き換えが可能です。

dim(ディミニッシュ)

こちらも三和音でも少し紹介した『dim(ディミニッシュ)』です。
表記方法は「dim, dim7, ○」いずれかを使用します。

dim7という表記は、bb(ダブルフラット)7th(減7度)から来ているようなのですが、個人的には混乱を招く原因となるため使用しないほうが良いと考えています。
『dim(ディミニッシュ)』は非常に特徴的なコードなので、7(セブンス)系のコードとは混同しない方が良いでしょう。
(※dim7という表記が支持される理由もあるかも知れませんが…)

ではその特徴的なコード、『Cdim(Cディミニッシュ)』を見てみましょう。

sample-Cdim-code

このコードの最大の特徴は、構成音すべてが『短3度』のインターバルで並んでいるということです。
その特性から、構成音のどの音をルートにしてもコードの機能は変わりません
そのため、それぞれのコードは互いに置き換えが可能になります。

これらの特性は少し複雑なので、『dim(ディミニッシュ)』コードについては別の機会にもう少し掘り下げてみましょう。

ちなみに三和音の『dim(ディミニッシュ)』(※ディミニッシュトライアド)でも説明した通り、『m(b5)(マイナーフラットファイブ)』と同じ構成音を持っていますが、コードの機能は異なります。

mM7(マイナーメジャー7th)

次にに登場するのは『mM7(マイナーメジャーセブンス)』です。
表記方法は「mM7, -△7」というのが一般的です。

このコードはPOPSではそれほど頻繁には見かけないかも知れません。
POPSでは主にクリシェで経過音的に使用されたり、コードアレンジのテクニックで曲の一部のみに使用されることがほとんどですね。

では『CmM7(Cマイナーメジャーセブンス)』を見てみましょう。

sample-CmM7-code

構成音はルートの「ド」、短3度の「ミb」、完全5度の「ソ」、4つ目の音として長7度(メジャー7th)の「シ」が加わります。

マイナーとメジャーという二つの名前が付いているので、最初は少し混乱するかも知れません。
コードのキャラクターを決定付ける3度の音がマイナーなので、このコードはマイナーコードとして扱われています。

構成音のインターバルをみると、下から順番に「短3度・長3度・長3度」となっており、7度(7th)の音とルートのインターバルは半音です。
他のコードと同様に転回形を載せていますが、半音のインターバルがトップに来る第一転回系とボトムに来る第三転回系は、音が濁りやすいので扱いに注意が必要です。

このコードはジャズでは使用されることが多く、マイナーキーの『I(第1音)』、『トニックマイナー』として使用されることがあります。

M7(#5)(メジャーセブンスシャープファイブ)

最後に紹介するのは『M7(#5)(メジャーセブンスシャープファイブ)』です。
『augM7(オーギュメントメジャーセブンス)』と呼ばれることもありますね。
「aug7(オーギュメントセブンス)」と呼ばれる場合もありますが、7度が『長7度(メジャー7th)』になっている点がこのコードの特徴でもあるので、混乱を避けるために『augM7(オーギュメントメジャーセブンス)』と表記した方が良いと思います。

表記方法は「M7(#5), M7(+5), △7(+5), +△7, augM7」などがあります。
使用される頻度があまり多くなくコードの機能も特殊なため、まだ一般的な名称として確立されていないのかも知れませんね。

『CM7(#5)(Cメジャーセブンスシャープファイブ)』を見てみましょう。

sample-CaugM7-code

このコードは『増5度(#5th)』を持ち、『aug(オーギュメント)』に4つ目の音『長7度(メジャー7th)』を加えた形になっています。
構成音のインターバルは下から順に「長3度・長3度・短3度」で、7度(7th)とルートのインターバルは半音です。

怪しげなサウンドのキャラクターを持っているため、POPSでは単独で使用されることはほとんどありません。
クリシェの経過音的な使い方や、複雑なテンションノートを含む『7(ドミナントセブンス)』の一部や代理コードとして使用されます。

さて、これで7th系のコードはすべて紹介しました。
かなり複雑になってきたと感じるかもしれませんが、今はなんとなく心に留めておくだけでも大丈夫です。
四和音のコードはこれだけではありません。

次回は『6(シックス)』、6度を含むコードを紹介します!

初心者のためのコードブック キーボード

著者/訳者:小胎 剛

出版社:自由現代社( 2011-08-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,080

楽譜 ( 112 ページ )

ISBN-10 : 4798217654

ISBN-13 : 9784798217659



関連記事

コメントを残す