ツーファイブ

photo19

ポピュラー音楽で非常によく使用されるコード進行に、『ツーファイブ』と呼ばれるコード進行があります。
特にジャズの世界では基本とも言えるコード進行で、その考え方はPOPSでも非常に多く利用されています。
今回は、そんな必須とも言える『ツーファイブ』について紹介しましょう。

基本的なツーファイブ

『ツーファイブ』とは、その名の通り「II⇒V(Two-Five)」というコード進行のことです。
このコード進行は非常に便利で、この考え方を基本にさまざまなコード進行へと発展させることが出来ます。

まずは基本となるCキーの『ツーファイブ』を見てみましょう。

sample-2-5

上が『ツーファイブ』のコード進行、下は『マイナー・ツーファイブ』と呼ばれているコード進行です。

まずは『ツーファイブ』から見てみましょう。
多くの場合は四和音を使用し、「IIm7(サブドミナント)⇒ V7(ドミナント)⇒ I(トニック)」という進行です。

譜例では「CM7」へ解決していますが、「C」や「C6」でも構いません。

次に『マイナー・ツーファイブ』の方を見てみましょう。
これは「Cマイナーキー」における『ツーファイブ』です。
こちらは「IIm7(b5)(サブドミナントマイナー)⇒ V7(ドミナント)⇒ Im(トニック・マイナー)」という進行です。
「V7」にはテンションノートが加わり、「V7(b9)」が使用されることも多々あります。

譜例では「Cm7」へ解決していますが、「Cm」や「Cm6」、「CmM7」へ解決する場合もあります。

ポピュラー音楽ではこの『ツーファイブ』を基本として考えることから、「II」のみを『サブドミナント』、「V」のみを『ドミナント』、「I」のみを『トニック』として扱う場合が多いようです。
※三和音の「IV」を『サブドミナント』に含める場合もあります。

ドミナントモーション

『ツーファイブ』と『マイナー・ツーファイブ』を紹介しましたが、これらの解決先は互いに置き換えることが出来ます。
分かりやすく画像にしてみましょう。

sample-2-5-01

赤と青の矢印に注目してください。

  • 「IIm7(サブドミナント)⇒ V7(ドミナント)⇒ Im(トニックマイナー)」
  • 「IIm7(b5)(サブドミナントマイナー)⇒ V7(ドミナント)⇒ I(トニック)」

つまり、「V7(ドミナント)」からは「I(トニック)」のメジャー/マイナーどちらのコードへも解決出来るということになります。

この「V7(ドミナント)」から「I(トニック)」への解決のことを、『ドミナントモーション』と呼びます。
『ドミナントモーション』は強い解決感を持ち、コードの流れを強く決定付ける力があります。
そして、すべての「7(ドミナントセブンス)」を「V7(ドミナント)」として、5度下の「I(トニック)」へ解決することが出来ます。

また、「7(ドミナントセブンス)」はテンションノートによって様々なキャラクターのコードに変化させることが出来ます。

この『ドミナントモーション』を利用したコード進行に、『ドッペルドミナント』があります。

セカンダリードミナント/ドッペルドミナント

「V(ドミナント)」からはメジャー/マイナーの「I(トニック)」へは解決できました。
では、「V(ドミナント)」から「I7(セブンス)」への解決はどうでしょうか。

このコード進行も実際に多く使用されています。
ですが、「I7(セブンス)」へと解決すると面白いことが起こります。

この「I7(セブンス)」を『ドミナント』として扱い、さらに5度下の『トニック』へ解決することが出来るようになります。

sample-5of5

つまり、「V(ドミナント)のV(ドミナント)」。
これを『セカンダリードミナント』または『ドッペルドミナント』と言います。

『ドッペルドミナント』を使うと、「5度下、さらに5度下…」と繰り返すことで、12キーすべてを通ることも可能です。
※実際には12キーすべて通ることは稀ですが。

ツーファイブの応用

『ツーファイブ』は非常に応用が利くコード進行で、少しアレンジされたものが使用されることがしばしばあります。

sample-2-5-02

これは2小節目のコードを「Dm7/G」に変化させた例です。
「IIm7」の部分は変化せず、ルートだけが「II ⇒ V」で進行しています。
この2小節目のスラッシュコード「Dm7/G」は「G7sus4」と同じコードの機能を持っています。

sample-2-5-03

こちらは逆に、1小節目を「Dm7/G」に変化させています。
「Dm7/G」から「G7」への流れは、「G7sus4」から「G7」への解決と同じ機能を持っています。

次の例は、上記2つの変化をマイナーキーに適用したものです。

sample-2-5-04

sample-2-5-05

「Dm7(b5)/G」というコードに注目してください。
このコードは『マイナーキーの7sus4』という機能を持っています。
別の表記方法では、「G7sus4(b9)」と書かれているのをを見たことがあります。

POPS、特にJ-POPではこのコードを目にする機会は少ないと思いますが、ジャズの要素を取り入れた楽曲やSoul, R&Bなどでたまに使用されることがあります。
はじめて聴くと不協和音に聴こえるかもしれませんが、使い方によっては適度な緊張感と美しい響きを演出できる、素晴らしいコードです。

スグに使えるコード進行レシピ DAWユーザー必携のそのまま使えるパターン集 (CD-ROM付)

著者/訳者:斉藤 修

出版社:リットーミュージック( 2013-01-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,052

単行本 ( 240 ページ )

ISBN-10 : 4845621878

ISBN-13 : 9784845621873



関連記事

コメントを残す