ドリアンスケール


メジャーキーの2番目のスケールがこのドリアンスケールです。
今回はこのドリアンスケールについて紹介します。

スケールの構成音

scale-dorian

スケールの構成音は上記のとおりです。
各音のインターバルはルートから順番に、全・半・全・全・全・半・全となっています。

対応したコード

キーの2番目、IIm7が対応しています。
このドリアンスケールにはアヴォイドノートが無いため、テンションノートは9th、11th、13thがすべて使用可能です。

使われるシチュエーション

通常のコードチェンジ以外にも、FunkやRockなどで『一発モノ』と呼ばれる、ワンコードの曲などで良く使用されます。
また、モードを使用したJazzスタンダードでは最も多く使用されています。

実際の使用例

下記の譜例はモードを使用したJazzスタンダード『So What』の一部を抜き出したものです。

sample-sowhat1

譜例はピアノのバッキングの一例ですが、この上でドリアンスケールを使用したソロを取ったりします。


関連記事

コメントを残す